児童福祉施設の新規建設計画が進められている地区

全国各地に児童福祉施設は存在しています。

親からの養育を何らかの原因によって十分に受けることのできない子どもたちを、行政や法人がしっかりと保護する目的で設立された施設ですので、運営については十分な体制で行われています。しかしその施設の目的から、地域住民にとってはあまり歓迎されない施設であると認識されているケースも見られます。新規に児童福祉施設が建設されることが判明した場合には、予定地周辺の住民からの反対運動など、目に見える形で行動が起こる可能性もありますので、難しい問題となっています。

保護を必要としている子どもたちは、どの地域においても必ず存在しているためにその受け入れ施設の建設は急務となっています。既存の施設が老朽化していたり、収容人数が過剰となって手狭となっていたりすることが常態化している傾向にありますので、よりよい環境を求めて移転して建設するという計画が進められていますが、児童福祉施設の全てが順調に計画推進どおりになっているとはいい切れません。

重要なのは、予定されている地域住民の理解と協力を得るということです。根強い偏見もありますが、暖かい地域社会の中で子どもたちを育てていくことが、将来的な社会的貢献につながることを理解したいものです。児童福祉施設の子どもたちをあたたかく迎え入れてあげられる地域社会を住民の力で作り上げていくことが、これからの社会を明るくしていくためにも必要なことと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *