児童福祉施設の建設で地域コミュニティーの意識を知る

多くの方がイメージする児童福祉施設とは、恵まれない子どもたちのために建設された施設や自立支援施設を想像するものですが、法律上(児童福祉法)では「児童福祉に関する事業を行う施設の総称」とされており、一般的な保育所や子どもたちが集まる児童館もそれに該当します。

つまり、子どもたちの健全な発達を支援するために建設された、公共性の高い施設と考えて良いでしょう。このように多くの種類がありますが、今世紀に入ってからは特に児童福祉施設の建設が周辺住民からの反対運動に発展する例が報じられるようになりました。少子高齢化の進行によって、子どもそのものも存在が珍しいものとなり、住宅地の中で歓声を上げながら遊びに興じる子どもをまず見かけないということからも、その状況がかなり進行していることがわかるのではないでしょうか。

古くからの住宅地では既に子育てを終えた住民が静かに暮らしているというコミュニティーが形成されているために、保育所などの児童福祉施設は迷惑なものとして感じるという人が少なくありません。社会インフラの重要な部分として、児童福祉施設は本来であれば地域住民にも支えられながら1つの核として機能することが基本ですが、急速な高齢化のはそのような部分にも意識の変化を与えていることが考えられます。もしも新しく住宅を建設する地域にそのような問題が持ち上がっている場合には、児童福祉施設の社会的な意義と必要性についてしっかりと考えた上で、地域住民の意識を見極めていく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *