児童福祉施設に隣接した土地に建設された物件

賃貸物件を選ぶ場合には、立地条件や間取り、家賃などを総合的に判断して決定するものですが、その際に周辺環境の様子をチェックすることも重要です。

買い物に便利な商業施設に近接しているかどうか、病院や銀行などは徒歩圏内かどうかなども合わせて確認しておくことがおすすめです。住環境を左右することになる施設には、児童福祉施設も含まれます。法律上、児童福祉施設には保育所や児童館などが含まれており、一時的に児童を保護する施設も該当します。特に保育所が住宅の近隣にあると、騒音トラブルの原因となる場合もありますので注意が必要です。

子どものために必要な公益性の高い施設ではあるものの、新規に建設されることが計画された時に反対運動も行われるケースもあるなど、歓迎される施設となっていない状況があります。本来的には児童福祉施設の建設は、地域住民にとっても大きなメリットとなりうるものです。子育てをしているファミリー層だけでなく、その地域全体に活力を生み出し、子どもたちの明るい歓声が響く環境は、防犯上においても効果的な作用をもたらします。

子供の声が気にならないという方であれば、比較的人気が低く、賃貸料も低めに設定されるケースの多い児童福祉施設に隣接している物件を選ぶという方法もあります。住宅の建設を考えている方には、保育園などの広い庭のある児童福祉施設に隣接した土地は、通風や採光の良さというメリットがあります。考え方によっては狙い目の場所であると判断できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *