児童福祉施設建設の必要性

近年、共働き夫婦や一人親家庭の増加により、家族の在り方も変化してきていることから、児童福祉施設の建設が急を要しています。

大人が留守にしている間、安心して子供を預けることが出来る施設があれば、もっと子を持つ家庭においても心置きなく仕事が出来るようになるでしょう。また、乳幼児を抱える母親に関しても、昔は家庭内に育児や家事のことを相談したり、手伝ってもらえる人手がありましたが、現代社会においては孤独な育児を余儀なくされている状況も多く、親と子双方に様々な問題を生じさせています。

そのような孤独な育児を支援するという意味でも、児童福祉施設が地域に増えていくことで、気軽に悩みを相談できる駆け込み寺的な場所が出来て、問題の解消に繋がっていくことでしょう。以上のようなことから、数々の自治体で児童福祉施設の建設プロジェクトが発足しており、盛んに施設増加のための建設が進められてきていますが、自治体だけの努力ではなかなかスムーズに計画が進まないのも事実です。

地域の住民や企業なども自治体と協力関係にあることが望ましく、皆が一体となり全員に利益が生じるような方向でプロジェクトを遂行していけることがベストです。子供を持つ世帯だけでなく、その他の様々な世代の住民にとってもメリットを感じられるような仕組み作りをしたり、社会全体としての大きな範囲でのメリットについても分かりやすく説明していくことも必要になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *