児童福祉施設等の建設が計画されている場合の対処

居住している地域に児童福祉施設が建設されることで、地域の環境の変化を懸念する住民と施設側と後率が発生するというケースは少なくありません。

児童福祉施設には、公共性の高い保育所やこども園、児童館のほか、児童養護施設も含まれます。社会のインフラとして機能している施設ではありますが、穏やかで静かだった住宅地に建設がされると、人の出入りが激しくなるだけでなく、子どもたちの声や職員の動きなども気になるということも事実です。そこで環境をしっかりと保全するための対処法を児童福祉施設側に求めていくという方法が重要です。

具体的には、子どもたちの声や音楽などが騒音のレベルにまで達しないように防音構造をしっかりと整えて建設するということ、送迎の保護者や職員の出入りに関してマナーを守るように呼びかけを行うこと、住民への説明を丁寧に行うことなどを建設前に施設側に要望としてあげることが考えられます。もちろんこれらの児童福祉施設は迷惑なものとしてではなく、地域の貴重財産として歓迎するという地域もあります。

住民の意識の違いによって受け止められ方が異なる施設であるとも言えるでしょう。大切なのは、施設に関する情報のオープン化や、住民の協力的な姿勢などが挙げられます。社会において必ず必要な施設であり、利用する側に回ることも十分に考えられます。自分たちの暮らしの中において、公益性の高い施設の建設案が持ち上がった場合には、正しい理解と学習が求められると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *