児童福祉施設の建設を依頼するときの注意点

児童養護施設や放課後等デイサービスなど児童が利用することができる児童福祉施設は、最近利用する人が大変増えてきており、需要が高まっている福祉サービスのひとつです。

児童福祉施設を建設して新しく事業所を建てたり、人数が増えてきているので施設を増やしたりする場合には、福祉に対する法律や法令、自治体の決まりなどに詳しく、建設実績が豊富な業者を選ぶことが大切です。費用やイメージで業者選びをしてしまうと、後から使いにくさや居心地などが気になるようになってくる場合があります。

設備なども児童向けの物を導入する必要があるなど、専門的な知識が必要になるので、見積もりを依頼することがおすすめですが、見積もりを依頼する業者を選ぶ時には建築実績を確認することが注意点です。児童福祉施設は、様々な年齢の児童が利用するので、幅広い対応力がある建物を建設しなければなりません。スタッフの働きやすさや効率の良さも重要なポイントになるので、アフターフォーローも行っている現場の声を知る業者への依頼をおすすめします。

見積もりを出してもらうと、予算のことが気になりやすい業者に依頼したくなりますが、後から変えるとお金がかかる間取りや設備、メンテナンスが必要な外壁や屋根などのことは十分に確認することが注意点です。児童福祉施設の建設をするときには、コストを抑えて質の良い建物を建てることがとても重要です。コスト面と質の両面から見積もりをチェックして納得してから依頼するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *