介護施設を選ぶ上で見ておきたいポイント

介護施設を選ぶ上で見ておきたいポイント、まずひとつめは実際の施設内の雰囲気です。

最初はパンフレットなどで介護施設の情報に触れることも多いかと思われますが、パンフレットで見るのと、実物を見るのとではずいぶんと印象が異なると言うことも決して少なくはありません。また実際の入居者の様子や職員の働きぶりと言うのも、やはり実際に目で見てみないとわからない部分と言うのも多くあります。自分の目で見て感じたことと言うのは、介護施設を選ぶ上では非常に重要な判断材料になるので、必ず実際に見学をすることは必要です。

それから有資格者の数と言うのも見ておきたいポイントです。慢性的な人手不足が続いていることから、資格を持っていない人でも働くことができると言うのが介護施設です。そして資格を持っている人が、必ずしも、資格を持っていない人に比べて技術や知識、熱意が高いかと言うと、そうでないこともあると言うのも確かなことです。ただ介護の資格を取るためには、やはり本人のやる気や興味、手間や費用が必要です。

また施設側が有資格者を雇うと言うことは、それだけ資格手当などの人件費がかかることにもつながります。そのような手間や費用をかけてまで資格を取った人が多くいる、あるいは人件費はかかるけれど有資格者を多く配置している介護施設と言うのは、施設全体で介護の質の維持を図ろうとしていると理解することができます。また介護の資格だけでなく、リハビリ対しての有資格者が配置されているかどうかというのも見ておきたいポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *