介護施設で働く人のキャリアアップとは

介護施設で働く職員の数と言うのは、慢性的な人手不足にあります。

日本は先進国の中でも類を見ない速さで少子高齢化が進行しており、今後もこの傾向は続くと言われています。よって介護職員の不足を解消すると言うのは、国を挙げての課題のひとつです。そのため、少しでも介護施設で働きたいと思う人が増えるよう、そして少しでも長く働き続けてもらうよう、介護施設で職員として働く場合には、明確なキャリアアップが歩めるような仕組みになっています。

高校や大学、専門学校などで介護の専門的なカリキュラムを消化してきた人は勿論のこと、そうでない人もこのキャリアアップを歩んでいくのは可能なことです。そのキャリアアップの第一歩として、まずは介護職員初任者研修の資格を取得することが挙げられます。これは所定のカリキュラムを修了し、最終試験に合格すれば得ることができます。

介護施設の中には、無償でこのカリキュラムを受けることができる制度をとっているところもあるので、その制度を活用しない手はありません。この資格を取得した状態で、更に実務者研修と呼ばれる研修を受けるのが、次のキャリアアップです。実務者研修も所定のカリキュラムを消化し、筆記テストと実技試験に合格する必要があります。そしてこの状態で所定の年数と日数、介護施設での実務経験を重ねていくと、国家資格である介護福祉士受験の資格を得ることができます。

なお条件に設定されているのは年数と日数だけですから、1日の労働時間がたとえ1時間であってもフルタイムであっても関係はありません。介護福祉士は、現状では実践介護のスペシャリストに値する資格で、非常に需要が高い資格でもあります。働き続けることでそれを目指すことができると言うのは、やりがいを持ちながら働くことにもつながるのでとても良いことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *