入居系介護施設、退去を命じられることはあるのか

入居系介護施設は、その施設が利用者の生活の拠点となるような色合いを持っている施設です。

そのため、その中には終の棲家としての役割を持っているものもあります。つまり生涯にわたり入居することが可能な施設も少なくないと言うことです。ただし入居系介護施設には、入居者に対して一定の基準を設けています。よってもし、その基準に反するような状態になった時などは、退去を命じられることもあると言うのは頭に入れておく必要があります。

ではどのような基準があるのかと言うと、ひとつは他の入居者や職員に対して、著しく迷惑をかけるような状態です。入居系介護施設は、たくさんの人と共同生活を送る場所です。そのため、ある程度の成約はやむを得ないものだと言えます。そうした制約を無視して、再三にわたり注意をしても改善が見られなかった場合は、他の入居者や職員にまで良くない影響をもたらす可能性が高くなってしまうので、退去を命じられるのが一般的です。

ただしこれが認知症などの疾患を原因としている場合は別です。しかし施設によっては、重度の認知症には対応していないと言うことになると、認知症が原因でも退去を命じられることはあります。それから要介護度が低い人を受け入れている入居系介護施設の場合、介護度が重くなった場合などは、やはり退去を命じられ、別の施設の利用をお願いされることもあるようです。

特にグループホームはこの基準を採用しており、長期入院が必要になった場合なども基準として設定されています。それから利用料金の支払いの遅延、身元引受人が施設側からの要請に応じない場合なども、退去基準に設定されていることが多いです。その時になってトラブルにならないよう、契約の段階でこうした基準はしっかりと確認しておくことが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *